トリキュラーの休薬期間と排卵痛の緩和

男性と女性が愛し合い、性交渉をすると子どもができる可能性があります。これは、体の仕組みからして健康であれば、妊娠をしてしまうものなのですが、そうならないようにしたいのであれば、避妊をする必要があります。
避妊というと、やはりポピュラーであるのがコンドームです。
しかし、コンドームは失敗する可能性もわりと高いので、注意が必要です。
それに対して、成功率が高いのが女性が服用するピルです。
ピルというのは低用量のホルモン剤であり、排卵を抑制する働きがあります。
ですから、受精卵ができない、つまり妊娠をしないのです。
ピルの主な目的としては、避妊効果ですが、そのほかにもほかの目的で服用する場合があります。
例えば、生理痛や排卵痛が酷い場合にはそれを緩和させる働きもあったりしますし、ホルモンバランスをよくするので、ニキビなどの肌あれにも効果があるといわれます。
排卵痛というのは排卵日の時にお腹が痛む症状です。
そういった避妊効果のほかにも目的があって服用する人も多いのです。
中でも有名な低用量のピルとしては、トリキュラーがあるのですが、これは28日を1周期として28日間服用するものと、21日間服用して7日間休薬期間を設けるという2つのタイプがあります。
28日間服用するタイプでも最後の7日間はホルモン剤が入っていないダミーの薬なので、21日型と結果的には同じなのです。
また、トリキュラーは医療機関で処方してもらうことができますが、安く入手するには海外からの個人輸入をするといいでしょう。
休薬期間というのはホルモンバランスの関係上、必ずあるものであり、ホルモン剤は21日間飲む形になるのです。
このように、トリキュラーを服用する際には休薬期間もあり、また生理痛や排卵痛も抑えることができるものなのです。

ページトップへ