トリキュラーの激安製品に注意!異常時には服用中止

トリキュラー錠というお薬は、婦人の身体で黄体ホルモン作用、卵胞ホルモン作用等により、主に排卵を抑え、子宮内膜変化により着床を抑えます。
頸管粘膜変化により精子の通過を阻害して避妊効果を発揮するお薬です。
早く言えば、避妊薬です。
トリキュラーの使用目的は避妊で、これを使用することにより100%の避妊効果を発揮するのですが、現在日本では避妊以外の目的でこれを治療に使用しており、生理痛の酷い女性や月経血量の減少による貧血の改善、月経不順の改善、子宮内膜症の改善に使われます。
トリキュラー錠を含む避妊薬は「ピル」と言われ、産婦人科医や内科医にて処方されることが多く、婦人科系の病気の治療に医師の指示のもと処方されます。
異常が出れば、服用中止し、医師によりコントロールされます。
服用中止後にさらに症状が出れば薬の変更や副作用を抑える方法を取られるでしょう。
欧米では、ピルは異性との性交渉の前に女性が服用することが多く、とくに日本の薬事法と違う欧米では、薬剤の使用が日本よりも厳しさが無いのと、一般市場で流通しているなどの理由で、ピルを服用して避妊具を装着せずに性交渉の快楽をあじわうためにこれを使用することが一般化しています。
女性の中にはピルケースを携帯する人も多いです。
しかしながら、薬は効果の反対に逆効果となることもあり、作用に対して副作用があります。
トリキュラーの本来の使用方法は、女性の生理周期や整理に関する治療を目的として、必要に応じて使用されるため、性交渉の前に常用するということは非常に危険です。
また、近年ではインターネットなどにより激安に販売されていることがあり、激安のものは粗悪成分が含まれる偽造品も多いです。
激安の薬を飲んで性交渉を行なうと体に異常が出ることがあり、嘔吐感が出ることもあります。
トリキュラーを服用後、嘔吐感が出た場合、服用中止し、医師の診察を受けることが良いでしょう。

ページトップへ