トリキュラーの通販購入と原発無月経への対応

無月経というのは、医学的には月経が3か月以上ない状態のことを指しており、18歳になっても初潮が訪れず、一度も月経がないような状態であるものを、特に原発無月経と呼んでいます。
この原発無月経の原因としてはさまざまなものがあり、たとえば染色体異常によってもともと卵巣が形成されておらず、したがって月経もみられないというものや、適齢期に過酷な運動をしていたことが原因となって初潮が遅れているといったものまでが想定されます。
原発無月経の診断にあたって、婦人科の医師は内診のほかに採血による染色体検査やホルモン検査、超音波検査などの多様な検査を実施し、原因の特定に努めますが、一般に原発無月経の治療は困難なケースが多く、対症療法として女性ホルモンを医薬品によって補充するという方法がとられることが多いといえます。
こうした補充療法には、ホルモン剤や避妊用ピルのような、女性ホルモンを豊富に含む医薬品が用いられますので、避妊用ピルとして知られているトリキュラーのような医薬品を個人輸入などの形式で通販購入し、原発無月経への対応にあてるということも、理屈としては考えられるところです。
ただし、通販でトリキュラーのような医薬品を購入する際に注意しなければならないのは、万が一副作用などがあった際にはすべて自己責任になってしまうということです。
通販品には偽物が多く、信頼できる会社との取引が重要というのはもちろんのこと、トリキュラーを服用した際には、頭痛、吐き気、めまい、不正出血などの副作用が起きやすいとされています。
これはホルモンバランスの変化によるもので重症化することはまれですが、気になる場合はやはり婦人科を訪れて医師の指示を仰ぐべきといえます。

ページトップへ