トリキュラーを飲み忘れてしまったときの対処法

付き合っているカップルでは、愛情を確かめ合うために性交渉をしたりするものです。
これは、快楽のためであって子孫繁栄を目的としていなかったりすると、妊娠をして困ってしまうこともあるのです。
しかし、しっかりと避妊をしていれば、子どもができてしまうということはないでしょう。
現在、日本でメジャーな避妊方法としては、コンドームの使用ですが、これでは失敗する可能性もあります。
破けてしまったりして、妊娠をしてしまったかもしれないとヒヤヒヤしたりする場合もあるでしょう。
そこで、成功率の高い避妊方法としてピルの服用があります。
ピルというのは、妊娠を防ぐために飲むホルモン剤であり、低用量ピルが挙げられます。
中でもトリキュラーは人気のあるピルであり、産婦人科で処方してもらうこともできるのですが、対面ではなく、安く手に入れるためには海外からの個人輸入がいいでしょう。
最近は、インターネットでも注文をしたり、決済をしたりできるので、気軽に入手することができるのです。
トリキュラーは28日を1周期として考え、毎日服用するようにします。
中には最後の1週間はホルモン剤の入っていないダミーの錠剤を飲んだり、1週間服用せずに空けるという場合もあります。
これは、毎日飲むことが条件になるのですが、もし飲み忘れても48時間以内空かなければいいものです。
しかし、48時間以上空いてしまうと、避妊の効果がなくなるので、ほかの避妊方法に切り替えるようにするといいでしょう。
このように、トリキュラーは正しく服用すれば、高い成功率を誇るホルモン剤ですが、飲み忘れたりすると効果がなくなるので、注意が必要であることを覚えておくとよいでしょう。

ページトップへ